40032712_30A - コピー

私はエレキギターが大好きで、何本か所有しています。

しかし不思議なことに私と周りのギターフリークの違いは、私の場合憧れの〜が使っているからこのギターが欲しいとはならないのです。

中にはジミーペイジが好きだからという理由で、ダブルネックのSGを所有している人もいましたが理解出来ません。

ギタリストが好きなことは否定しませんが、その影響でギターを買うことに違和感を感じてしまいます。

そんな私のギターの中でもスキャロップ加工のギターがあります。リッチー・ブラックモアやイングヴェイ・マルムスティーンが使っていることで有名です。

彼らをリスペクトはしていますが、買った理由は彼らのようになりたいからではありません。

現にフロイドローズとかついてますし、ボディの色もギブソンレスポールのチェリーサンバーストみたいな色です。

おまけに材質もヴァイオリンのストラディヴァリウスに使われているシカモア材ですし、ストラトとスキャロップ21F以外は共通性がありません。

前オーナーがギター講師の方で、色々なカスタムをそのギターに施しているのです。

他にもピックアップもフロント・センターがフジゲン製とリアがフェンダーUSA製の電池駆動で、ピックガードは黒のビックリマンシールの様なプリズムっぽい物をそのギターに合うように加工して取り付けられています。

ネックは細めで、フリーダムのジャンボステンレスフレットにロングスケールです。

このギターはフェンダージャパン製にしてはフジゲン製とかスキャロップのために高額でした。手に入れてからずっとメインで愛用しています。

本当にエレキギターは奥が深くて面白いのでやめれません。

Home_theater_11

日本以外の国や地域では、ホームシアターが普及してきつつあるのではないかと推測されています。

映画を観賞する文化が定着しているためであると考えられており、ホームシアターが重要な存在となってきているとも言えるでしょう。

特にアメリカやヨーロッパ地域でのホームシアターの普及は非常に進んでいると 考えられており、大きく注目されています。

充実した設備を有するホームシアターを設置する人が多く見受けられ、自宅で楽しく映画を鑑賞できる環境が整えられつつあるのではないかと思います。

日本においても近年になり、ホームシアターは普及してきていると考えられていますが、海外でも同様の状態が見受けられている点については関心が向けられています。

こうしたホームシアターの普遍的な利用が実現されることにより、多くの人が映画を高い頻度で観られることへと繋がっていると推測されています。

膨大なタイトル数が存在することから、個々の好みに応じた映画をいつでも環境できるとも言えるのではないかと思います。

これからも、世界規模でホームシアターが普及し、多くの国や地域で気軽に映画を楽しむことのできる状況が見受けられるようになっていくのではないかと期待されています。

home cinema

結構お金持ちの一軒家の家庭ではホームシアターを持っていて、 家で映画見てる人も居ますよね。

ホームシアターが家にある人はレンタルビデオ屋価値が かなり高まりますし、うれしいですね。

新作は高いですが、借りて家で見れるのは最高です。

私の家はブラウン管テレビで部屋真っ暗にして映画見てました。

映画鑑賞が好きなので、将来はホームシアターは欲しいなと思いますね。

コーラやポップコーンを買って1日家で映画鑑賞してたいです。

画質も大事ですが、やっぱり高級なスピーカーを買うとより一層 リアルに映画鑑賞ができるなと思いました。

高いスピーカーのクオリティはかなりすごいです。

自分が映画の中の世界に居るような感じでした。

知り合いに家電マニアのお金もちが居て、見してもらいました。

壁に音が反射して自分の耳に届くみたいです。

ホームシアターもドンドン進化しているみたいですが、 あまりに進化しすぎると映画館に行けなくなってしまうなと思いました。

やっぱり月1回の映画館での鑑賞が楽しみなので、 ホームシアターのクオリティが上がりすぎて、映画館にお客さんが 少なくなるのはいやだなと思いました。

私の家は古くボロイマンションですが、是非家にホームシアターを置いて、 友人などを呼んで、みんなで映画みたいなと思いました。